親子スキンタッチ教室 IN 北海道

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

おつかれさまです IN 北鍼祭

本日(7月26日)、親子スキンタッチ教室 IN 北鍼祭が開催されました。

若干の雨でむしむしした中、たくさんの親子に来ていただき

感謝、感謝、感謝です!

お手助けいただいた鍼灸師の先生方

スタッフのみんなさんもありがとうございました!

無事、何事もなく良い雰囲気の中終了できうれしく思ってます。



今日、2回の教室を開催しましたが

2回目に私が担当したG君親子

とっても人懐っこい活発なお子さんでした。

ドライヤーでお母さんにふくらはぎを温めてもらったら

よだれをたらすくらい、きもち良かったみたいです(笑)


一番うれしかったのは、ペープサートがとっても気に入ったみたいで

確か2歳くらいで、まだはっきりとしゃべれないのですが

ペープサートの後に「面白かったかい?」と聞くと

「ん!」って言って「たっちちゃ~ん、たっちちゃ~ん」って

終わった後も、はっきりとした言葉にならないけど口ずさみながら

身体を揺らしてるG君がかわいくてたまりませんでした。

子供は正直でいやなものはいやだし、好きなことは好きがはっきりしてて

「たっちちゃんの唄」が受け入れられてうれしかったです!

今回は学生時代最後の司会をしました。

今度は後輩にバトンを渡して次につなげたいと思います!

今日はみなさんほんとにアリガトウございました!

BY じょうの

スポンサーサイト

親子スキンタッチ教室in北鍼祭

☆☆☆☆☆北海道新聞(朝刊)に掲載されました!!☆☆☆☆☆
本日7月25日(土)付の北海道新聞(朝刊)、
生活欄に今回の親子スキンタッチ教室の紹介記事が掲載されました!!
とっても小さい記事ではありますが、
ぱっと見て目に付きやすい位置に掲載してくださいました。
情報はこちらのブログで紹介しているものと同様のものになりますが、
北海道新聞を取っている方は読んでくださるとうれしいです。^^
(2009年7月25日追記)
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

今年も本校の学校祭「北鍼祭」でのスキンタッチ教室の開催が決定しました!
お近くにお住まいの方や、興味を持たれた方は是非ご参加ください!
スキンタッチ教室のほか、会場では模擬店やはりきゅう体験治療などのイベントがもりだくさん!そちらのほうもどうぞお楽しみに♪♪



親子スキンタッチ教室in北鍼祭


★親子スキンタッチとは・・・
日本で昔から行われてきた「小児はり」を、家庭で簡単にできるようにアレンジしたツボ健康法です。
「小児はり」はヘラ状の道具を使ってなでなですりすり。刺すことはなく、とても気持ちがよいものです。東洋医学にはお子さんの健康を見守り、はぐぐむ知恵がたくさんつまっています。
「親子スキンタッチ教室」ではその知恵をわかりやすく、丁寧に、そして楽しく!お伝えしていきます。
詳しくはこちらの記事(←Click!!)をご覧ください。


■日時
2009年7月26日(日)

①13:00~14:00 (12:45 受付開始)
②15:00~16:00 (14:45 受付開始)


各回、定員になり次第受付を終了いたします。

■参加費:無料

■持ち物:ティースプーン、歯ブラシ


■会場 北海道鍼灸専門学校
〒063-0002 北海道札幌市西区山の手2条6丁目5-10
MAP  (クリックするとGoogleマップが開きます。)

■アクセス
このたびの開催では、本校の駐車場は使用できません。
たいへん申し訳ありませんが、公共交通機関をお使いの上、ご来場くださいますようお願い申し上げます。

【バス】地下鉄28丁目駅ターミナル1~2番のりばより乗車、「山の手高校前」下車(所要時間5分)
   ・ 1番のりば【山の手線循環便、西高先廻り】
   ・ 2番のりば【山の手線、宮の沢駅前行き】
※その他、札幌各地からのバスでのアクセスは下記のサイトをご参照下さい。
   ★Sapporo ekibus navi-札幌周辺公共交通案内-

■参加申し込み&お問い合わせ

参加をご希望の方は、氏名とお子さんのお名前、年齢、ご希望の時間を下記メールアドレスもしくはFAX、または電話にてお知らせ下さい。追って返信いたします。

E-mail : s-touch_hokkaido@yahoogroups.jp
FAX : 011-633-4111 (24時間受付)
TEL : 011-633-4100 (担当:川浪)(月曜~土曜日 12:00~20:00)

(メールでのお申し込みには2~3日以内に返信しています。もしそれ以上経っても連絡がない場合は、お手数ですが件名を変えるなどして再度ご連絡くださいますようお願いいたします。)


みなさんのご参加を心よりお待ちしています!!ハムスター

日本スキンタッチ協議会に参加してきました!!01

行ってきました!
日本スキンタッチ協議会IN大阪

北海道支部を立ち上げて一年、全国の先輩方に初めてお会いできるとあってワクワクしながら
この日を待ちわびてました。

空港に降り立った瞬間、暑さで頭が一瞬クラッ!あついー

会場は森ノ宮医療学園専門学校です。
朝、会場へ向かうと地元の神社のお祭が行なわれていました。

少し時間があったので、神社へ行き、ご挨拶と全国大会成功をお祈りしてきました。

7.jpg   11.jpg

少し緊張しながら初対面の恒石先生、一年ぶりの篠原先生にご挨拶。
これが本場のスキタかぁと感慨深げに目をキョロキョロ。
会場には全国各地の鍼灸師の方々がおられました。
9年という歩みがこの会場に凝縮されていると思うと身が引き締まりました。

全国大会は篠原先生の講演からはじまりました。
昨年、北海道では非常に熱心で丁寧な指導をして頂いた頃を思い出し,社会の中の鍼灸の役割を改めて考えさせられました。

続いて、毎日5分!親子スキンタッチ健康法―赤ちゃんから10歳までの対処法 著者の大上先生の「古典と小児科」について講演されました。古典から考える子供の身体のみかたは、これからの経験に役立つであろう貴重なお話でした。

10分の休憩を挟んで北海道スキンタッチ教室の活動報告&ペープサートです。
スライド作成、発表はダーハラこと、原田君です。

1.jpg

一ヶ月前くらいから学校でコツコツ、あーでもない、こーでもないとスライドを製作していました。タッチちゃんの歌の作詞、作曲もダーハラです。

みんなで製作した人形劇、タッチちゃん歌の披露をしました。

2.jpg  3.jpg

ダーハラの全国大会にかける思いとみんなで作りあげた人形劇、歌。
最初は緊張しましたが、会場の暖かい人達のおかげでなんとか歌いあげる事ができました。

活動期間はまだ一年ですが、定期的に開催できた喜びと、スキンタッチの求心力の凄さ、それに関わる人の縁に感謝の思いで一杯です。


つづく、、、


吉川






「札幌feeling子育ての会交流会 Vol.5」 de スキンタッチ!!

7月19日から大阪森ノ宮学園で開かれていた親子スキンタッチ全国大会がぶじ終了。
北海道を代表して行ってくれた原田くん、吉川くん、弘谷さんもぶじ任務を果たし、興奮した面持ちで当日の様子を語ってくれました。
聞くところによるといろんな伝説が生まれたモヨウ(笑)
当日の模様はのちほど本人たちにこちらでかたってもらうことにしましょう。^^

そして今日は、怒涛の7月最終週を飾るイベントをご紹介いたします。
7月27日(月)、「札幌feeling子育ての会交流会 Vol.5」にて、東区にて女性専門の鍼灸院をされている福田美登利先生とともに、小児はりと親子スキンタッチを紹介しに行ってまいります。

上記の「札幌feeling子育ての会」さまは助産師さんたちがつくる“子育て支援応援隊”です。
「触れ合うこと、心とからだで感じること、そして分かち合うこと」を大切にされているとのことで、私たちの親子スキンタッチ教室の活動ととても響きあうものがあると感じました。
今回スキタに興味を持っていただいたことを光栄に思うと同時に、心よりうれしく思います。

同会は毎月ベビーマッサージ教室を主催されており、今回もそのベビマ教室にお邪魔しての開催となります。
いつもよりは少し短めのミニ講座のようなかたちになりますが、ベビマも学べてスキタもできる!ひとつぶでにど美味しい!!そんなイベントになること間違いなしです。

どうぞふるってご参加下さい。^^

(以下、札幌feeling子育ての会さまのブログより)

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

「交流会」と「らくらく子育てミニ講座」

札幌feeling子育ての会交流会 Vol.5
赤ちゃんとママ(わたし)とみんなと・・・☆

交流会を通じて おしゃべりを楽しんだり育児の情報交換をしませんか?
今回の子育てミニ講座は

「親子スキンタッチ教室」の講座です! 

歯ブラシやスプーンなど身近な道具を使って
ママがお子さんにしてあげられるケアの一つです。
夜泣きや、疳の虫、便秘やアトピーにも効果があるそうです。
どんなケアかはお楽しみ

1.自己紹介
2.ベビーマッサージ体験会(バスタオル・下に敷く45㍑ゴミ袋持参)
  興味のあるママどうぞ参加してみて
3.小児はりミニ講座
  (歯ブラシ<大人用のもので可・新品でも使用済でも良い>&ティースプーン持参)
4.お茶とおやつとおしゃべりタイム

■日時:平成21年7月27日13:30~15:30
■場所:新発寒地区センター 2階和室  手稲区新発寒5条4丁目2-2
■参加費:事前予約 大人 500円(当日600円)  子ども 0円
■申し込み・問い合わせ:
  TEL・FAX: (011)611-6223(担当やのね)
        ※電話問合せの場合(月~金 18:00~20:00)
  E-mail  : feelingkosodate2006@yahoo.co.jp

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

「札幌feeling子育ての会」さまでは他にも魅力的な講座やイベントを多数開催しておられます。
私も行ってみたいものが目白押しです。
どうぞ子育ての会さまのブログのほうもご覧になってみてくださいね。

そして、27日もぜひぜひご参加いただけるとうれしいです。

(さとう)

「親子スキンタッチ教室 IN Mammy's Talk Cafe」開催のお知らせ

NPO法人きたふく(北海道福祉住環境を研究する会)さん主催の「Mammy's Talk Cafe」で、今年も親子スキンタッチ教室を開催できることになりました!
きたふくさんには昨年11月にもご依頼いただき、「Mammy's Talk Cafe」での開催は今回が2回目のとなります。
前回の様子はこちらです。(←Click!!)

今回もかでる2・7での開催となりますので、アクセスも大変しやすくなっています。
お近くにお住まいの方はぜひぜひ、ご参加下さい。^^

(以下、きたふくさん作成のポスターより抜粋)

Mammy's Talk Cafe~ママのためのライフスタイルレッスン~
―――子ども健康などをテーマに、毎日の生活に役立つワンポイントと、受講者同士の仲間づくりや情報交換など親子で参加できる場を提供します。

★一緒にやってみよう!親子スキンタッチ健康法★
子育て中のママにとって、子どもの成長は楽しみでもあり喜びでもあります。
しかし、その反面大変なことや心配事も多いのではないでしょうか。
特に幼い子どもは発熱などしやすく、健康管理には日頃から十分に気を配る必要があります。
そこで今回は、健康増進や病気予防の一つであり、子どもの心と身体を強くし、親子で一緒に取組める「親子スキンタッチ健康法」を学びます。

■日時: 平成21年7月16日(木) 10時00分~11時30分
■会場: かでる2・7  6階 和室研修室「花」
       札幌市中央区北2条西7丁目
      (札幌市営地下鉄さっぽろ駅より徒歩約7分)

■内容:
1.親子スキンタッチ教室

 【講師】   ☆北海道鍼灸専門学校 「親子スキンタッチ教室 IN 北海道」 スタッフ

2.参加者交流会

■会費:500円
■定員:親子12組(お子様の対象年齢:生後1ヶ月~10歳くらいまで) 
     ※定員になり次第、締め切らせていただきます。
■持ち物:大人用歯ブラシ ティースプーン バスタオル

■スキンタッチとは?
子どもの健康管理や健康増進のため、皮膚をなでたり、こすったりする軽い刺激の健康法です。
ご家庭で手軽にできるように、スプーンや歯ブラシ、ドライヤーなど身近にあるものを利用して行います。
ツボを刺激することで脳や内臓の働きをよくし、心や身体の発達を促進するだけではなく、血流がよくなることで全身がリラックスするという効果があります。

【お申込み・お問合せ】
特定非営利活動法人 北海道福祉住環境を研究する会
事務局携帯:080-3262-8083
メール:kitahuku-com@community.sapporocdc.jp

【共催団体】
北海道鍼灸専門学校 「親子スキンタッチ教室 IN 北海道」実行委員会
実行委員会ブログ http://stouch.blog17.fc2.com/

ついに~!

7月も半ばになって、きたふくさんとのスキンタッチ教室は明日、そして学校祭(北鍼祭)での開催も来週末に迫りました!!

明日のスキンタッチ教室はおかげさまで定員に達しました。
26日の学校祭での教室も順次お申し込みをいただいております。^ ^
ありがたいかぎりです。
26日の開催の方はまだまだ参加を受け付けておりますので、どうぞご家族でふるってご参加ください。
学校祭では、スキンタッチ教室の他にわたあめやチョコバナナ、かき氷、カフェバーなどなど、楽しい催しものがたくさん開かれています。
お誘い合わせのうえ、ぜひぜひご来場ください。

そして今週末はついに!!
「日本スキンタッチ協議会2009 スキンタッチ全国大会」が大阪・森ノ宮医療学園専門学校にて開催されます。
うちの部からは川浪先生を筆頭に、原田くん、吉川くん、弘谷さんの4人が出陣予定。
さながら大阪・夏の陣であります。
私は友人の結婚式とぶつかってしまい、参加できないのが残念無念。
われらがスキタ部の武勲を祈りつつ私は東京へ(結婚式が東京なのです)・・・。

ふれーふれー!スキタ北海道!!

(さとう)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。