親子スキンタッチ教室 IN 北海道

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ケータイはない

こんにちは

絵描き絵描き
(2004/11)
いせ ひでこ

商品詳細を見る


ケータイは
ない。
エンゲル係数が高いので
余裕がないのがひとつ。
以前持っていた時には
依存症に
近かったので
やめた。


こんな生活をしていたら
この絵本にであった。

なかなか
感性を
たいせつにしている
絵本のように
見受けられたので
ここに
紹介します。

ここにつながるみなさんへ
               じゅん  感謝





スポンサーサイト

第2回教室の模様

遅ればせながら、第2回教室の写真をアップさせていただきます。
当日の雰囲気が少しでも伝わったらうれしいです。

第2回教室入り口
親子スキンタッチ教室はこちらでーす!!

DSC06009_convert_20081028235724.jpg
鍼灸師・森先生の楽しいお話にお子さんたちもにこにこです。^^

城野さんスプーン
スプーンはやさしくやさしく。

歯ブラシとんとん
歯ブラシとんとん。上手だね~!

当日の模様は、本校ホームページでもレポートされています。
(志田先生、ありがとうございます♪)
下記のページをご覧下さい。
http://www.shinkyu.ac.jp/hokushinsai.html

また、山の手まちづくりセンターブログでも紹介していただきました。
(小島所長、ありがとうございました!)
http://yamanotemachisen.blog17.fc2.com/blog-date-20081004.html

順序は逆になりますが(汗)、
第1回教室の模様も後日まとめてアップ予定です。
乞うご期待!?

(さとう)

かぜをひいたら

こんにちは

かぜをひいたら

みなさん
いつもどうしてますか?

すぐに病院にかかる?
ひたすら日常の生活を送りつつ耐える?
養生してやすむ、、、。

20代のころはがむしゃらに耐えまくってましたねー。
わたしは、、、。
養生はだいじですよ。

かぜをひいたら
はりきゅう。
かぜをひいても
はりきゅう。
いかがでしょうか。
首のうしろにお灸をすえる。
早いうちのかぜ退治で
早くよくなります。
お子さんなら
スキンタッチも風邪予防にとりいれていただくとよいかも。

しかしこの
はやく

いう概念を根本からひっくりかえしたいときがありますね~。
はやくおおきくなれ、とか
はやくして、とか
はやくなおってとかですね、
もちろん状態を考慮しての話になりますが。
その状態に向き合うことの大切さも
実は
あったりしてですねー。
自然治癒力につながるとですねー、
ゆっくりだったり
するわけですよねー。
はいー。

ここにつながるみなさんへ

                  じゅん   シンギラミンギ

子供の「脳」は肌にある (光文社新書)子供の「脳」は肌にある (光文社新書)
(2004/04/17)
山口 創

商品詳細を見る


陰と陽

私たち「親子スキンタッチ教室 IN 北海道」スタッフは、実は研究部員というウラ(ほんとはこっちがオモテ?)の顔があったりします。
普段はいっぱしに高価な研究機器をつかわせてもらって、あーでもないこーでもないと額を寄せ集めているのですが、今年にはいってからずっと取り組んできたのは、ずばり「皮膚」について。

鍼やお灸は皮膚に刺激を与える施術だということは言わずもがなですが、その「皮膚」そのものについて、これまであまり勉強してこなかったよね?と。
もちろん、スキンタッチに興味を持つようになって、そして刺さない鍼について勉強していくなかで、うかびあがってきたテーマです。
なかでも私たちが注目したのは、皮膚の上を流れている電気についてでした。

え。皮膚に電流が流れているの?って??
いや、実は自分たちの手で測ってみる前は、私たちも半信半疑だったのです。
電極乗せてみたらびっくりです。
電極を置いたとたん、びょーーんと目盛りが飛び上がりました。

飛び上がる目盛りに導かれて、私たちはふらふらと全身の電位差をはかってみることにしました。
そしてこれまたびっくり。
うでの前面と後面、あしの内側と外側とでは、うででは前面の方が、あしでは内側のほうが明らかに電位差が大きかったのです。

東洋医学では全身に経絡という「気」の流れる経路があると考えます。
経絡が線路だとすれば、経穴、すなわちツボはその停車駅のようなものとお考えいただければよいと思います。
そして、その経絡には、大きく分けてふたつの種類があります。
五臓(肝・心・脾・肺・腎)につながっていると考える陰経とよばれる経路と、六腑(胆・小腸・胃・大腸・膀胱)につながっていると考える陽経とよばれる経路です。

そして、
電位差が大きく出たうでの前面とあしの内側は陰経に、
電位差が小さかったうでの後面とあしの外側は陽経に、
それぞれあたるのです。

予想もしていなかった結果にそこに居合わせた部員一堂、思わず「ほえー」っと間の抜けた声を出してしまいました。
(・・・え?私だけだったって??)

この原因をきっちり科学的に導き出すのはまだまだ私たちでは力不足でしたが、これって、偶然の一致なのでしょうか?

そんなわけで、いままであーでもないこーでもないとやった成果を今月9日(木)には東洋療法学校協会学術大会(@東京シビックホール)で、そして25日(土)には日本統合医療学会北海道支部会(@北楡病院)での一般演題にて発表させていただきました。

うーむ。
皮膚って、もっともっとすごい力が隠れていそうです。
そして、知れば知るほど「陰」と「陽」を軸に周る東洋医学の世界はおもしろいです。
(おもしろいってつまり、底が知れないということでもあるんですが。笑)

(さとう)

2万種類です

こんにちは

今朝、ラジオで聞きました。
現在、日本では
約1200種の化学物質をチェックしているところを
約20000種類あるといわれている
化学物質について
企業側に対し報告か何かをするようにと。


詳しくご存じの方
コメントをお願いします。

皆さん
約 2万種類です。
桁が違うのです。
今からです、、、か?的な感じもなきにしもあらず。
動きを起こしてくっださった方々に感謝。
アスベストのようなことがもう起きませんように。

化学物質過敏症支援センターが詳しいですね。
5まんしゅるいですか、、、??

通常では想像しにくい微量な化学物質に反応してしまい
のどや筋肉の痛みを引き起こしたり、
疲労感がつよくなったり
いわゆる
不定愁訴の訴えで病院に受診するという経過をたどる
化学物質過敏症。
程度も訴えもさまざまで
詳しい医師も少ない現状です。
うつといわれることもあるようです。
潜在的に、予備軍というのか
病院を流浪していて診断がついていない方々、
不登校など身体症状を訴えている方(の可能性)、
万人単位でいらっしゃる可能性があるようです。
発症者については成人で70万人、
こどもも含めると100万人といわれているようです。

2万種類、、、。
チェックはするけれど
使用規制、あるいは製造禁止
あるいは輸出入禁止、
では、
ないのでしょうねー。


ここにつながるみなさんへ 
                じゅん 感謝

追伸;鍼灸師先生、化学物質過敏症へのアプローチについて
    お考えがございましたら、コメントいただけましたら
    大変うれしく思います。

化学物質過敏症支援センター
http://www.cssc.jp

マドレボニータ

こんにちは

今日は産前産後のボディケアのはなしです。

あしきゆきさんが開催している教室です。
バランスボールを使ってエクササイズ

おともだちづくり

ストレス解消

体型を戻したい
せつじつな 願いにチャンス
詳しくはメールしてみてください。

私も体験にいきました。
とっても楽しかったですよ。
おすすめです。

ここにつながるみなさんへ
                  じゅん 感謝

あしき ゆきさん  助産師さんです。
http://plaza.rakuten.co.jp/mwhopehour/

関空ー千歳間 6Bの理学療法士の方

こんにちは

ちょっとまえ、
大阪からの帰りみち、
骨の本(医療系の教科書にみえた)をひらいている
とても勉強熱心な方ととなりあわせました。
恥ずかしながらわたくしは
関空の待ち合いでビールをたらふく飲んでおりまして、
酔いも手伝って
声をかけてしまいました。
きくと札幌の整形外科で理学療法士をなさっているとのこと。
大変落ち着いた感じの若者で
医療従事者としてふさわしい印象の方でした。
で、
いま東京のほうでは
産後のリハビリテーションというカテゴリーで
動きがあるようなのです。
助産師として
女性のためにと
微力ながらアンテナをたてているつもりのわたしとしましては
聞き逃すことができない動きでございます。

北海道内の理学療法士の方々
ぜひとも道内でも
お産のあとに
からだのつらい思いをしているお母さんたちを
救うべく
ムーブメントを作っていただきたいです。
ご存じの方、コメントいただきたいです。

そうして
はりきゅうも
女性の方々のつらさを解消すべく
あ~
ここは
親子スキタのブログなので
お母さんの
肩こりをはじめとするつらさを
解消すべく
アプローチできたらと思うのです。

ここにつながるみなさんへ
                  じゅん メルシー






ありがとうございます

こんにちは

毎日、必ず
5人以上の方々がこのブログにご来訪下さっており、
もうすぐ累計2000名ですか。
Yahooで検索しても
すぐでてきてくれるようになり
本日わたくし感動しております。
初めて読んでくださる方、
幾度目かの方、
ありがとうございます。

こどもが
みずぼうそうにかかり
潜伏しておりました。
人にはそれぞれ役割があり、
何を優先するかを瞬時に判断して日々生活しているわけですが、
このたび
わたくし
こどもの母親であること

ひしひしと感じさせてもらい、同時に
自分のからだと心を
ないがしろにせず
だいじにすることも
思い出させてもらいました。

子育て中の
おかあちゃん!
うちら
がんばってるよ!
ときどき
自分にも
やさしくね。

そうしたら
夫にやさしく
こどもにやさしく
じいじ、ばあばにやさしく
となりのひとにやさしく
って
つながれそう。
ツカレタラ、ヤスモウ~。

ここにつながるみなさんへ
                じゅん 感謝

「第2回親子スキンタッチ教室 IN 北海道」が無事終了しました!

ご報告が遅くなりましたが、10月4日(土)の「第2回親子スキンタッチ教室 IN 北海道」は、無事終了いたしました。
今回は第1回目とは異なり当日参加受付も行ったため、始まる前はどれだけ人が来てくれるのか、正直少し不安がありました。
ですが、わざわざ会場となる3階まで上がってきてくれる親子の皆さんはあとをたたず、終わってみればなんと合計40組近く!の親子の皆さんにご参加いただきました。
ご参加くださった皆様、本当にありがとうございました!!
終了後もアンケートやメール等であたたかい言葉をおかけくださり、スタッフ一同うれし涙を流しております。

その後、気になる症状やご質問をお受けした皆様には、メール等でご連絡さしあげております。
これからでもかまいませんので、ご質問やお子さんの様子で気になることなどなど、何かありましたら遠慮なくご連絡いただければと思います。

また、当日は事前にうかがった二十四軒児童会館の岩井先生や山の手まちづくりセンターの小島所長、そして第1回教室にご参加くださった鍼灸師の皆様も足を運んでくださいました。
土曜日の午後というお忙しい時間帯にもかかわらずお時間を割いていただき、感謝の念にたえません。

かかわってくださったすべての皆様に、最大級の感謝を。

今後もこちらのブログで開催情報等を告知させていただきますので、引き続きこちらをチェックしていただければ幸いです。
どうぞ今後ともよろしくお願いいたします!

(さとう)

第2回 親子スキンタッチ教室 IN 北海道

(しばらくはこの記事がトップにきます。最新記事はこの記事のひとつ下になります。)

7月6日(日)に開催された「第1回 親子スキンタッチ教室 IN 北海道」は、のべ100名を越える皆さまにご参加いただき、大盛況のうちに終えることができました。
7月上旬にして30度を越える猛暑のなかお集まりいただいた皆さま、本当にありがとうございました。
また、うれしいことにお子さんのその後の様子もご報告いただいております。
引き続き、「こんなことがあった!」「こういう症状にはどんなふうにしたらよいの?」などなど、感想や疑問点がございましたら、どうぞご連絡ください。

そしてそして!
お待たせいたしました!!
かねてより予告しておりました「第2回 親子スキンタッチ教室 IN 北海道」の詳細が決定いたしましたのでご報告いたします。

今回は当日の参加受付も行います。
飛び込み、当日参加大歓迎!!

「親子スキンタッチって何だろう?」
「ツボ健康法って??」

などなど、少しでもご興味をお持ちになった方は、どうぞふるってご参加下さい!!

■親子スキンタッチ健康法とは?(←Click!!)

今回は本校初の開催となる学校祭「北鍼祭」のなかでの開催となります。
スキンタッチ教室のほか、会場では縁日や模擬店、はりきゅう体験治療など、楽しいイベントが盛りだくさん!!そちらの方もどうぞお楽しみに♪


第2回 親子スキンタッチ教室 IN 北海道

■場所:北海道鍼灸専門学校
〒063-0002 北海道札幌市西区山の手2条6丁目5-10
MAP (クリックするとGoogleマップが開きます。)

■日時:10月4日(土)13:00~16:30
今回は上記時間内におきまして、30分程度のミニ教室を随時行います。
参加申し込みの際には、下記の開催時間のなかからご希望のお時間をお書き添えの上、お申し込みください。

①13:00~13:30
②13:30~14:00
③14:00~14:30
④14:30~15:00
⑤15:00~15:30
⑥15:30~16:00
⑦16:00~16:30

また、今回は当日の参加受付も行います。
飛び込み、当日参加大歓迎!!

「親子スキンタッチって何だろう?」
「ツボ健康法って??」

などなど、少しでもご興味をお持ちになった方は、どうぞふるってご参加下さい!!

■アクセス
このたびの開催では、本校の駐車場は使用できません。
たいへん申し訳ありませんが、公共交通機関をお使いの上、ご来場くださいますようお願い申し上げます。

【バス】地下鉄28丁目駅ターミナル1~2番のりばより乗車、「山の手高校前」下車(所要時間5分)
   ・ 1番のりば【山の手線循環便、西高先廻り】
   ・ 2番のりば【山の手線、宮の沢駅前行き】
※その他、札幌各地からのバスでのアクセスは下記のサイトをご参照下さい。
   ★Sapporo ekibus navi-札幌周辺公共交通案内-

■参加費:無料

■お子さんの対象年齢:乳幼児~10歳くらいまで

■参加申込み&お問い合わせ
参加をご希望の方は、氏名とお子さんのお名前、年齢、ご希望の時間を当ブログのメールフォームか下記メールアドレスにてお知らせ下さい。
追って返信いたします。
(北海道鍼灸専門学校への直接のお問い合わせはご遠慮願います。)

s-touch_hokkaido@yahoogroups.jp

ご家族でのご参加も大歓迎です!
ぜひみなさんでいらしてください♪
(その場合は合計の参加人数も合わせてご記入ください。)

みなさんの参加を心よりお待ちしています!!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。