親子スキンタッチ教室 IN 北海道

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

はじめまして

四番手、北海道鍼灸専門学校2年 弘谷良子です。

クラスで一番年長、みんなのお母さんぐらいの歳です。
25歳から13歳まで、三人のこどもがいます。

長女が生まれて数ヶ月で、アトピー性皮膚炎になり、顔や腕など、目に見える部位がひどい症状だったので、なんとか治そうと、病院に通い、一生懸命に薬をつけました。
その薬が、ステロイド剤だったために、副作用でステロイド皮膚炎になり、ステロイドからの離脱で、リバウンドに苦しむといった、なんとも言えない、時を過ごして。

鍼灸にたどりつき、病気を治そう、治そうとばかり思っていた、自分のまちがいがわかって。

子育てをしていた時に、アトピーで悩んだり、不安だった時に、親子スキンタッチ健康法があったら、よかったのに、と思います。
子供にも、お母さん、お父さん、家族全員に、肌のふれあい、こころの落ち着き、すこやかな成長が育まれる健康法です。
これから、みんなで楽しく、勉強していきたいです。

私の担当は何でしょう・・・会計かな? ヨロシクネ!


スポンサーサイト

3番、北海道鍼灸専門学校2年の吉川 貫一です。
主に広報を担当。
よろしくお願いします。

スキンタッチを通じていろいろな人との出会いがこれからはじまると思うと
今からワクワクしています。

スキンタッチ教室が楽しい空間になるように、がんばります!!




親子スキンタッチ健康法とは?

はじめまして、こんにち(ばん)は!北海道鍼灸専門学校2年の佐藤と申します。
これから続々と実行委員の面々が顔を出すかと思いますが、私は城野さんに引続き二番バッター。
犠打もできるし長打も打てる、そんな使い勝手の良い存在を目指し、日々精進しております。

このブログでは、北海道では初!となる親子スキンタッチ教室の開催へ向けての種々の活動を中心に、子育て支援情報や東洋医学のこと、その他、北海道鍼灸専門学校での学校生活(!?)などなど、幅広くお伝えして行けたらな~と思っています。どうぞよろしくお願いします。

今日は、私達が北海道でも広めたいと考えている親子スキンタッチ健康法についてご紹介したいと思います。赤ちゃんが夜中に目を覚まして泣き止まない、ちょっとしたことでキィキィ声をあげたり、かみついたり・・・。小さなお子さんをお持ちの方なら、一度は経験をしたことがあるのではないでしょうか?

実は、私自身もまたそんな子どもだったのでした。
母親と片時も離れることができず、ぴーぴーぴーぴー泣きっぱなし。
あまりにもうるさかったのか、しまいには祖父に「トイレ行くときも連れて行け!」と怒鳴られた、と。
(・・・母よ・・・すまんのう・・・。汗)
夜は夜で必ず夜泣き。
そんなときは父親が人形の入ったガラス戸棚の前で毎晩あやしてくれていたそうです。
(・・・父よ・・・すまんのう・・・。汗汗)
げんざいにまで続く父の不眠は私が原因だったのでは?と少し心配になります。

これらは疳の虫といわれる乳幼児の神経症状の典型的な症状で、昔から関西地方では小児はりが有効とされてきました。小児はりはヘラ状のものでツボの並びに沿って軽くなでさする、とても気持ちがよいものです。

この小児はりをベースにして、家庭でもできるように現代風にアレンジしたものが親子スキンタッチ健康法です。道具は小児はりの代わりにティースプーンや歯ブラシ、お灸のかわりにヘアドライヤーを使います。そしてツボのならびにしたがって軽く、やさしくなでさすります。おなかや足首などをドライヤーでほんのり温めます。5分もすると気持ちがよくなって、すうすうと寝息を立てる子もいるとか・・・。

ああ、こんなふうに書いていると。
あのころの両親に、教えてあげたいなああ・・・。
そう思わずにはいられませんです。

私たちもこれから少しずつ勉強していきたいと思っています。
親子スキンタッチ健康法、私たちといっしょに、やってみませんかー??

【参考リンク】スキンタッチ健康法

written by さとう

ブログを開設しました

ブログを開始しました。
使い方がよくわからないので、レイアウトの仕方もわかりません。

今後、もっと見栄えのする記事を書ければと思ってます。

このブログの目的は、親子スキンタッチ教室の活動報告や今後多くの親子に教室に参加してもらうためのPRを目的としてます。

まず、私達の事を簡単に自己紹介しますと
2008年4月現在、北海道鍼灸専門学校に通う学生です。
男女数名が集まって、北海道で親子スキンタッチ教室を開催しよう!と数ヶ月前から活動を始めました。

スキンタッチって何?説明すれよ!と言う声が聞こえてきそうですが、今日はブログ開設ということで、学生が何か活動を始めようとしてるんだなと思ってください。
これからいろいろ載せていきたいと思います。

って、これは不特定多数に公開されるのかな?
まぁ、とりあえず。

written by 城野

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。